2012年04月21日

製鉄原料槽で、内壁に付着した鉄鉱石が槽の中の作業員に崩落

” 2011年5月27日午後2時20分ごろ、住友金属の製鉄原料槽(高さ約13m)で、内壁に付着した鉄鉱石などの砂状の原料が、槽の中にいた男性作業員(29)の上に崩落した。
  警察によると、作業員は生埋めになり、助け出されたが意識不明の重体。

  警察によると、作業員は原料槽の上から命綱をつけ、内壁に付着した原料をそぎ落とす作業の準備をしていた。
  誤って槽の下に落としたスコップを取ろうとしていた時に、崩落が起きたという。”(2011年5月28日朝日新聞北九州版)



本件災害は、2012.3.5北九州東労働基準監督署によって書類送検がなされている。

” 北九州東労働基準監督署は5日、小倉南区徳力2のプラント保守会社「iモデスティ」と、保守工事の発注元の住友金属小倉製鉄所(小倉北区)の主任(39)▽元請け会社の作業長(56)−−らを労働安全衛生法違反の疑いで地検小倉支部に書類送検した。

  同労基署によると、容疑は昨年5月27日、小倉北区許斐町の同製鉄所で、原料槽の保守作業で安全措置を講じず、槽内に入ったiモデスティの現場責任者の男性(29)が崩れた原料鉱石に埋もれて窒息、約1カ月後に死亡させたとしている。死亡した責任者男性も同容疑で書類送検した。”(毎日新聞 2012年3月6日 地方版)


[発生状況と対策に係るコメント]

(発生状況)
1) 作業員は原料槽の上から命綱をつけ、内壁に付着した原料をそぎ落とす作業の準備をしていた。
2) 誤って槽の下に落としたスコップを取ろうとしていた時に、崩落が起きた
3) 作業員は生埋めになり、助け出されたが意識不明の重体。約1カ月後に死亡。

 新聞報道以上のことはわからないのであるが、2)の「誤って槽の下に落としたスコップを取ろうとしていた時」は、1)の命綱は外していた? 一人作業だったのか?などの点が特定が、対策の樹立に関係する。

 なお、「誤って槽の下に落としたスコップ」は、どのようにして確保するのが安全なのか、当該安全のための手順軽視があったのか、などの検討が必要だろう。



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg



posted by labor at 23:06| Comment(0) | 個別災害事例

茨城県の食品加工工場で調理中に、二層構造の蒸気釜が破裂「2人けが」

” 1日(2012.3.1)午前8時半ごろ、坂東市幸神平にある食品加工会社、「スギヨ」の関東工場で直径1m、高さ40cmの蒸気釜が調理中に突然破裂した。この事故で、調理をしていた47歳の従業員の男性が全身にやけどを負う大けがをしたほか、近くにいた従業員の男性も足に軽いけがをした。

 警察によると、この工場ではちくわやかまぼこを加工していて、1日午前7時ごろから従業員3人で蒸気釜を使って具材のタケノコを煮る作業をしていたという。

 蒸気釜は二層構造になっていて、層のすき間に蒸気を送って調理していたところ突然破裂し、釜の一部が吹き飛んだということで、警察で事故の原因を詳しく調べている。(情報源/2012年3月1日NHK http://www.nhk.or.jp/lnews/mito/1073399101.html )



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg


posted by labor at 22:37| Comment(0) | 個別災害事例

災害事例