2015年07月27日

酸欠、硫化水素中毒の事例(5件、平成26年)

[酸欠、硫化水素中毒]
 厚労省が平成27.7.8公表した平成26年の酸素欠乏症、硫化水素事故は計5件(酸欠1件、硫化水素4件)であり、同時に公表された5件の災害事例は、以下のとおりです。



平成26 年に発生した酸素欠乏症の事例

製造業 平成26年9月(休業1人
 溶接作業の手順等の教育のため、試験架台内部にアルゴンガスを送給し、溶接試験が行われていた。その後、誤ってアルゴンガスの送給が続けられていたところに、被災者が溶接機の調整のため試験架台内部に入り、酸素欠乏した空気を吸引し、被災したもの。


平成26 年に発生した硫化水素中毒の事例

建設業 平成26年1月(死亡1人、休業1人
 汚水圧送管の空気抜き弁を交換するため、マンホールピット内に3名が入り、空気抜き弁を取り外したところ、当該圧送管から漏れ出した硫化水素を吸引して2名が被災し、そのうちの1名が死亡したもの。

製造業 平成26年6月(休業1人
 倉庫内でパルプ化の工程で取り除かれた木の節を屋外に掻き出す作業で、木の節の層を崩したところ、層の内部に溜まっていた硫化水素を吸引し、被災したもの。

製造業 平成26年7月(休業2人
 製造工程で排出される糊を含む排水を処理する装置の地下槽内で、堆積した汚濁物質を取り除く作業を行っていたところ、地下槽内で発生した硫化水素を吸引し、作業を行っていた1名、救出に向かった1名が被災したもの。

建設業 平成26年9月(死亡1人
 雨水枡内で雨水枡の底に溜まった土砂を除去する作業を行っていたところ、雨水枡で発生した硫化水素を吸引し、死亡したもの。



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg



posted by labor at 12:17| Comment(0) | テーマ別事例集

2014年03月27日

医療事故/ヒヤリ・ハット報告事例検索ページ


 医療事故情報を収集する「日本医療機能評価機構のホームページ」で、情報提供がされています。



 なお、以下○印は、2014.3.26付け日本経済新聞朝刊記事から抜粋です。

○ 医療事故情報を収集する日本医療機能評価機構は、26日(発表した)
○ 2013年に全国の医療機関から報告があった医療事故が3049件(前年比167件増)と初めて3千件を超え、過去最多を更新した。
○ このほか、医療事故につながりかねない「ヒヤリ・ハット」事例の発生は約60万9千件で、前年より約8万件減った。

 上記記事との関連で、「日本医療機能評価機構」のホームページを拝読しました。
 http://jcqhc.or.jp/
 同ホームページには、医療事故/ヒヤリ・ハット報告事例検索ページがあり、医療事故11,433件、ヒヤリハット事故27,946件(合計39,379件)
(平成26.3.27現在)のデーターベース情報が提供されていました。


日本医療機能評価機構.JPG
(クリックすると拡大表示されます)

 [編注、コメント]

 ヒヤリハット事例の収集が軌道に載りつつあると感じました。よい取組です。



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg



posted by labor at 19:12| Comment(0) | テーマ別事例集

2013年06月03日

セメント・同製品製造業における「はさまれ、巻き込まれ」災害の特徴と対策について

以下は厚生労働省による
セメント・同製品製造業における「はさまれ、巻き込まれ」災害分析結果

セメント製品製造業の災害事例.JPG
 ↑ 表は、水産食料品製造業における平成24年9月末時点における速報の労働災害



1)  機械による災害、コンベヤーによる災害

○ 混合機、粉砕機など、機械による災害は全体の約3割。うち約3分の1が機械を止めないまま点検作業等を実施したことによるもの、約12%が機械の近くに被災者がいることに気づかず機械を稼働させた等、機械を操作する際の連絡不備によるものであった。

○ コンベヤーによる災害は全体の約14%。うち約4割が機械を止めないまま点検作業等を実施したことによるものであった。


 対策

 ア 機械の点検、掃除、修理等の作業を行う場合には、機械を止め、確実に停止したことを確認してから作業を行うこと。

 イ 機械を操作する際には、当該機械の近辺に作業者がいる可能性があることに留意し、作業者がいる場合には機械を稼働することを着実に当該作業者に伝達した上で機械を稼働させる等、作業者間の確実な連絡を徹底すること




2)  ミキサー車による災害

○ ミキサー車による災害は全体の約1割。うち4割近くがシュートの取り付け又は収納に際してシュート部分にはさまれた災害であった。
○ また、3割強がドラムを止めないまま点検等作業を行ったことによる災害であった。この中には、ドラムを停止させたつもりで実際は完全に停止してはいなかったために被災した事案も散見された。


 対策

 ア 荷卸しシュートの取り付け、収納の作業に当たっては、シュートの折りたたみ部分やシュートとシュート格納部分との間ではさまれる災害が多いことから、シュートの取り付け、収納に係る安全な作業手順を定める等、シュートによるはさまれ、巻き込まれを防止するための措置を徹底するこ と。

 イ ドラムの点検、掃除、修理等の作業を行う場合には、ドラムを止め、確実に回転が止まったことを確認してから作業を行うこと




3)  クレーンによる災害

○ クレーンによる災害は全体の約1割。うち約4割が玉掛け作業等により被災者が吊り荷の側にいることに気づかずクレーンを稼働させた等、連絡不備による災害であった。


 対策

 ア クレーンを稼働させる際には、吊り荷の近辺に作業者がいる可能性がある旨留意し、作業者がいる場合にはクレーンを稼働することを着実に当該作業者に伝達し、稼働方向に作業者がいないことを確認した上で機械を稼働させる等、安全確認(指指呼称)及び作業者間の確実な連絡を徹底するこ と。

 イ 大きな荷等の誘導は、ロープ等を使用し、作業者に荷からの距離を取らせること




4)  その他

○ 上記のほか、型枠による災害が全体の約1割、製品(半製品含む。以下同じ。)による災害が全体の約1割であった。
○ 型枠による災害のうち約3分の2が型枠の組立や解体(製品の取り出し中含む)における災害であり、約3分の1が型枠の清掃作業中における災害であった。
○ また、製品による災害は、製品の荷卸しやクレーン等での移動中にはさまれる、といった災害が多く見られた。


 対策
 
 ア 型枠を組む際、あるいは型枠から製品を取り出す際などにおいて、型枠の側板等に手などをはさまれるリスクがあるので、側板が動く場所や型枠が閉まる場所など、はさまれが発生するおそれのある場所に手を添える等、不安全な状態での作業は避けること。

 イ 荷積み、荷卸しも含め、製品を動かす際には、製品によりはさまれるリスクがあるので、例えば、円筒形の製品が転がらないように輪止めを使用する、倒れやすい不安定な状態で製品を置かないようにする、といったような、極力製品等にはさまれるリスクを低減した作業方法をとること。

 ウ 現在行っている作業についてのリスクアセスメントを実施すること。特に、機械を使用する作業について、使用する機械等のリスクアセスメントを実施し、その作業におけるリスクを特定し災害防止対策を講じること





(参考)
以上の災害分析の結果は、以下の通知されている。

厚生労働省労働基準局安全衛生部安全課長から都道府県労働局労働基準部長あて「セメント・同製品製造業における労働災害防止対策の徹底について」(平成24年11月22日基安安発1122第1号)



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg







posted by labor at 17:42| Comment(0) | テーマ別事例集

災害事例